今日もありがとう。~宇宙への道~

深遠なる宇宙の法則と内なる心の声。

日月神示ー御魂磨き

みなさん。

こんばんは。

 

師走を迎え、本年もたくさんの感謝や反省をして振り返る時期になりましたね。

そんな中、世の中のスピ系さんたちが『風の時代』の到来とか2極化とか言ったりしますよね。

私的には星座の動きとか見てそういう時代が来るとか言っているのかな?

まあそうなのかな…。

くらいにしか思っていませんでしたが

色々調べたら

何だか面白い記事がいっぱいありましたね。

 

 

①ガイアの法則

ガイアの法則とは、世界が800年ごとに東と西(東洋と西洋)の優位性が変わるというものです。

ちょうど1995年(阪神・淡路大震災がおこった年)から135度(淡路島)に移ったと言われています。

 

f:id:tsuyokidego:20201215225528p:plain

※過去800年ごとに22.5度移動した先が繁栄してきました。その図になります。

 

そして、西洋文明はおおよそ物質社会であり、東洋文明は精神文明だと言われています。なにが言いたいかというともうすでに現代は物質社会が終焉しており精神的な世界が始まっているのです。

 

 

 

日月神示

日月神示とは、日本の預言書と言われており、世の中の預言の中でも最強の預言といわれいるものです。

その予言の中に

 

子(ね)の年、真中にして前後十年が正念場。

 

とあり、今年がその子の年にあたります。

 

結構あたる預言ではあるものの、はっきり起こる年については憶測の域をこえないのですが、2020年か2032年が最有力候補と言われています。

2020年で考えた場合、すでに前の10年は終わっており、このあと10年が大変だとあります。※詳しくは日月神示 大峠で調べてみてください。

 

 

 

③変革期

このようにスピ系やオカルト(日月神示、ガイアの法則)界隈では現在をこのように

分析しており、また私自身の変化も重なってまた大きなことが起こるのではないかと思っております。

私自身の変化の度合いがかなりあったため、今回の出来事はおそらく過去最大級になるかもしれません。

 

 

 

④今後どう生きればいいのか?

不安を煽ったり、ネットで言われてることを鵜呑みにするわけではありませんし、みなさまへ警戒を呼び掛けるつもりもありません。ただ、現在でもコロナが猛威を振るいたくさんの方が苦しんでいます。

また、コロナ禍がなかったとしても今の世の中が本当に生きやすく幸せに過ごせるものでしょうか?

 

 

 

日月神示より

日月神示では、神の子である人間、とくに日本人に対して『御魂を磨きなさい』と伝えています。

 

※引用 日月神示

『身魂とは臣民の申す身魂でないぞ身魂とは身(体)魂(心)と一つになっているもの言うぞ。神の臣民、身と魂の分け隔てないぞ。身魂の洗濯とは心の洗濯とは、魂ばかりの洗濯でないぞ』

洗濯と申すのは何事によらん、人間心捨ててしもうて、智恵や学に頼らずに、神の申すこと一つも疑わず、生まれ赤子の心のうぶ心になりて、神の道守ることぞ。身魂磨きと申すのは、神から授かっている御霊( )の命令に従うて、肉体心捨ててしもうて、神の申すことは背かんようにすることぞ。

『学や智を力と頼むうちは、身魂は磨けんのざ』『何も難しいこと申すのではない。自分の内の自分を洗濯して明かに磨けばよいのぢゃ。

内にあるものを浄化すれば、外から近づくものが変わってくる道理』『身魂磨け出したら病神などドンドン逃げ出すぞ』『そなたの心配一応は無理ないなれど、何処で、どんなことをしていても、身魂磨けてさえおれば、心配なくなるぞ。心配は、磨けておらぬ証拠ぞ』…。

 

 

この後にもかなり続いていきます。

日月神示では預言に対して『こうゆうことが起こるから』『こうしなさい、このように生きなさい。』と伝えています。

かなりの長編になっていて預言の他、食べ物について多くのことが書かれています。

私も最近読み始めたばかりでまだまだ理解には至っておりません…。

 

現在では多くの方がこの日月神示を研究されており、かなり読みやすくなっていると思いますので、今日のある方は是非!!!

 

読んでみてください。

 

 

 

まとめ

なにはともあれ情報には振り回されずに自分は自分で居たいものです。

ただ、いろんなこと知っておくとやはり世の中の事がよく分かってくるものです。

その中で日月神示は本物だと言われております。

私自身かなりいい状態なので、その時に出会ったものにはなにか意味がありそうなんですよね。

なので、今回は日本や世界は本当に今(現在)変革期にありますよ!

 

とお伝えできればと思っております。

 

備えあれば憂いなし。

 

何か起こっても強靭な自分でありたいものですよね。

     

 

 

いかがでしたか?