森羅万象をゆく。

今日もありがとう。「今」と「中心」に生きる。

老子 タオコード②

 

tsuyokidego.hatenadiary.com

 

f:id:tsuyokidego:20201101121841j:plain

 

老子は太古の文化を愛した人物だ。

 

老子は文明化により心の文化が失われる中で、ひたすら太古の文化をそのままに守ろ

うとした。

だから、彼の世界観は彼の創作ではない。

オリジナルは、はるか太古の人類の理想郷にある。

 

 

f:id:tsuyokidego:20201101123059j:plain

 

花を見て、美しいと感じる心が自身に生じるのは

 

花の精霊の働きを自身の魂が感知したからだ と捉えるのだ

 

美しいと感じる心が強ければ強いほど

 

精霊への感知力が強いことになる

 

精霊たちは人間をより高い次元へと導き、より美しくさせる力を持つ

 

 

あなた方が簡単に行うことができるセックスは一時的なものにすぎない。

セックスという名で知られるそれは一時のものにすぎず、※不変なるそれはそれを表

す名前すらない。

 

彼は人間の生き方を説こうとした。

 

しかし、それは当時の他の思想家たちの説く人間の生き方のような次元のものではな

かった。

 

観念的な思想でも、道徳的な規律でもない。

 

人間の存在そのものに根底からつながるを彼は知っていた。

 

その道に至れば、人間の苦悩という苦悩は結果として消滅する。

 

他者や他の何ものも傷つけることのないあり方へと自ずと至ることになる。

 

そんなを誤りなく伝えるためには、性について語ることがどうしても必要だった。

 

 

とあります。

いかがでしたか?

 

 

※不変なるって分かりますか?

禁欲されてる方は、ご存じですよね(笑)

 

 

 

まとめ

この現代、に対してみなさまはどのように捉えておられますか?

日本の性産業がどのようになっているかご存じでしょうか?

 

文明化がはじまり、太古よりこころが失われてきていると約2,500年前の老子はすでに気付いていました。

多くの賢人たちが、観念や道徳を説く中、老子は密かに性のあり方を説いておられました。

道=Tao=性

となります。

 

そして、老子その道(性)に至れば、人間の苦悩は消滅するとおっしゃっておられます。

 

記事はあえてボカしました・・・

性に対して興味のある方、ぜひ老子の本を手に取ってご自身で知識を深めて下さい!

 

ではでは。